Support

MJS財務システムとの全銀(FB)ファイル連携に関する注意

全銀ファイルのインポートにおける注意

全銀(FB)ファイルを作成する前に、依頼銀行の追加や支払先情報の変更を行います。

①依頼銀行の追加

「楽たす振込」を依頼銀行として追加登録します。※名称は任意で構いません。

[手数料]
振込手数料は、楽たす振込適用価格で設定します。

[全銀協情報/FB情報]
次のとおりに登録します。

 全銀協情報 全銀協コード  0009 970
       銀行名称/カナ  三井住友銀行/ミツイスミトモ
       支店名称/カナ  りんどう支店/リンドウ

 FB情報  半角コード体系 JIS

[口座管理情報]
楽たす振込の事業所編集を参照して、指定している口座番号と振込依頼人名を設定します。

 口座番号    振込資金専用口座欄を参照してください
 カナ振込依頼人名 振込依頼人名欄を参照してください

②支払先情報の変更

楽たす振込を利用して振込支払を行う支払先は、振込依頼口座を楽たす振込用に登録した口座に変更します。

※同行同支店に振込む場合など、楽たす振込の振込手数料よりも安いケースでは、変更する必要はありません。

 

その他の注意点・・・

・楽たす振込のお申し込み時に登録した振込依頼人名と全銀ファイル作成時のカナ振込依頼人名が同一であることが前提となります。
異なる場合はエラーを表示して、インポートが行えませんのでご注意ください。

・全銀ファイル内にはかなや漢字が存在しません。そのため、インポート後の振込依頼や確認画面で表示した際は、支払先名もカタカナで表示され、編集することはできません。

 

MJS財務システムとの連携概要は、こちらをご覧ください。

また、システム連携に必要なプログラム『楽たすコネクト』のインストールについては、こちらをご覧ください。

 

 (FAQ No.0111001)