Support

楽たすコネクトのインストール方法

MJS財務システムとの連携では、

・楽たす振込で出力する振込結果一覧のCSVファイルを取り込んで振込支払仕訳を作成する

・支払管理や経費精算システムで作成した全銀(FB)ファイルを楽たす振込へ直接インポートする

ことができます。

システム連携を行うためには、事前に連携用プログラム『楽たすコネクト』をインストールしておく必要があります。上記のシステム連携を行うパソコンすべてに、インストールしてください。

※インストールされていない状態で連携を行うと、エラーメッセージが表示されます。 

 

楽たすコネクトのインストール

『楽たすコネクト』は楽たす振込との連携を行うMJS財務システムが動作するパソコンにインストールしておく必要があります。次の手順でインストールしてください。

①下のボタンをクリックして、ファイルをデスクトップ等に保存します。

rkts_connect_btn2.png(ダウンロードされるファイル名:RakutasConnect-1.0.0.exe)

②保存したファイルを実行してインストールを行います。

③“RakutasConnectセットアップウィザードは完了しました。”のメッセージが表示されたら、終了です。

※上記の作業は、Windowsのアカウントごとに行う必要があります。1台のPCを複数人でご利用の場合は、サインイン(ログイン)アカウントごとに楽たすコネクトのインストールを行ってください。

 

※現在、連携可能なシステムは、次のとおりです。対応バージョンにご注意ください。(2017年3月21日現在)

   ACELINK NX-Pro    Ver1.54以降

   ACELINK NX-CE     Ver1.40以降

   iCompassNX     Ver1.16以降

   ACELINK NX記帳くん  Ver11.01.16.00以降

 

 ※全銀(FB)ファイル連携を行う際は、設定が必要な箇所があります。詳しくはこちらをご覧ください。 

 

 (FAQ No.0111003)